about

NPO法人いけま福祉支援センターが、池間島に眠る資源や素材を生かして制作したモノを販売しています。
売上の一部は、池間島を元気にするための活動に使わせていただきます。

○NPO法人いけま福祉支援センターとは
NPO法人いけま福祉支援センターは、2002年より高齢者の居場所づくりとしてサロン活動を始め、平成2006年には「たとえ動けなくても・寝たきりになっても生まれた島がいい。最期の旅立ちは、住み慣れた自分の家の畳の上から」という島民の想いを実現するために、島唯一の介護事業所として小規模多機能型居宅介護事業所を立ち上げました。 さらに2011年にはシマおこし事業の一環として島外からの修学旅行生などを対象とした民泊事業を始めています。
2013年からは、私たちのNPOだけでは解決できない問題を、島全体で考え、取り組んでいこうと、島のさまざまな団体や個人と連携し、あるいは外部の方々の知恵をお借りして、島おこし活動が少しずつ動き出しています。
そして、私たちがいまこだわっているのは、高齢者の経験と知恵「アマイ・ウムクトゥ」です。「アマイ・ウムクトゥ」とは、島で生きてきた高齢者の生きる知恵、生きる力、生きる思想を指す池間の言葉です。戦前の姿を知る高齢者から、薄れつつある島の言葉、食文化、在来作物、信仰、さまざまな手仕事など島のアマイ・ウムクトゥを掘り起こしていくことから、島を元気にするヒントを得たいと考えています。
これらの「アマイ・ウムクトゥ」を何かの「形」にして広く皆様にお届けしていくため、島の素材を使った手仕事の継承や、様々なモノづくりに取り組んでいます。このショップでは、そうしたモノづくりの中から生まれた商品をご紹介していきます。

NPO法人いけま福祉支援センターのHP http://npoikema.sakura.ne.jp/